言霊と革命を超えて

日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。  革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。

無意識な言霊思想を乗り越えよう!

日本人は無意識に「言霊」思想に縛られている。それは、何かを言うとその通りになる、という思想。運動会の前に「雨が降れば良い」と言ったA君が本当に雨が降ると「お前があんな事いうから降った」と非難される。この思想を持つと「縁起でも無い事を言うな」となり危機管理が出来ない社会になりがち。

 
サヨクが言霊思想の弱点を突いて「戦争法案」と言っているのか、或いは無意識なのか分からないが、一般人の中には「戦争法案」と呼ばれているから「何と無く」「反対」という人もいるだろう。これは「何かを言うとその通りになる」という言霊思想に他ならない。防衛戦争を語るだけで戦争にはならない。
 
しかし無意識の言霊思想は危機管理に弱く「安全保障や防衛の話をするだけで中国を刺激する」などど思ってしまう。日本人が日本で話すだけの事が、中国を刺激するというより、中国自身に領土拡大の意思があるのか無いのかが重要だし、実際に尖閣諸島の領有を主張しているから防衛論議は必要だよね。
 
日本のリーダーはそんな原始的な言霊思想を無意識に持つ人々を導く必要があり、天皇陛下は基本的に良い事だけを言うことになる。総理も日本にとって決定的に悪い状況、例えば「もし尖閣諸島を中国が武力侵攻し日本に原油が入らなくなったら」を前提にした国民的な議論を問う手法は採りにくいのだ。
 
国に限らず日本の組織の危機管理の弱さはこの「何かを言うとその通りになる」という無意識の言霊思想に原因の一つがある。「この新製品が売れなかったらどうします?」「そんな事を言わずに売れるようにしろ」なんて会話になりがち。これでは危機管理にならない。危機管理は目標が未達の場合の対策だ。
 
「中国が尖閣諸島を侵略し日本を資源封鎖に近い状況に追い込もうと動いたらどうする?」
✖️「縁起でも無い事を言うな」では危機管理にならん。
◎「中国にその気を無くさせる為に米、豪、フィリピン、ベトナムなどと協力して武力による現状変更を思い留まらせよう。その為には集団的自衛権が必要」
 
無意識な言霊思想「何かを言うとその通りになるという考え方」を乗り越え、危機管理が出来るようになる、それが日本社会の成長だと思う。野党はついついこの無意識な言霊思想を利用して「言葉狩り」をしてしまう。心ある国民から見捨てられて行きます。言葉狩りに賛同するのは言霊思想に縛られて人々。
 
戦中の「大本営発表」もこの無意識な言霊思想に縛られていた部分もあったと思う。勿論、国民や軍の士気に影響するから悪い発表はしづらいという面はあったが、嘘の上塗りで現実把握と危機管理が出来なかったのではないか?戦争という最も厳しい現実に真摯に向き合えなければ勝利は無いだろう。
 
僕の一連の呟きを読んでいても何度も「戦争」や「侵略」という言葉が出てきてそれとなく不安に感じなかっただろうか?それこそが無意識の言霊思想「何かを言うとその通りになる」という日本人の持つ性質なのだ。それを乗り越えて、次世代の為に現実的な議論を進め日本と世界の平和と繁栄に貢献したい。
 
 

日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。その現実が良くない場合、言った人が責任を問われるので、良い事ばかり言う方が良い。 運動会前に「明日は雨になりそうで傘は必要」と言う人が居て、雨が降ると「お前が言うから降った」と抗議され、「傘の心配までして雨を呼び寄せた」という信仰。 革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり、正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。 社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。 最近の風潮は堅苦しい正義を振りかざすような言論がまかり通っています。 物事の複合的な面を認められずに、悪い処を見つけたら人格否定、社会的抹殺をするやり方は革命的な思考、嗜好、志向だと思います。