#安倍さんは高市早苗さん支持

日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。  革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。

隣の四人家族に「どうしても」とお願いされて、こっちのカネで家を建てて一緒に住んだ。ところが別の外人と争いになって家ごと全焼。勿論、別れて住む事になったが更に四人家族が、旦那と息子、奥さんと娘に別れた。元は一緒に住んだ仲だからと旦那に金よこせとせびられた。旦那は「俺に金をくれれば→

隣の四人家族に「どうしても」とお願いされて、こっちのカネで家を建てて一緒に住んだ。ところが別の外人と争いになって家ごと全焼。勿論、別れて住む事になったが更に四人家族が、旦那と息子、奥さんと娘に別れた。元は一緒に住んだ仲だからと旦那に金よこせとせびられた。

旦那は「俺に金をくれれば息子と、前妻と娘に配っておくから、全部くれ!」と主張。

それを信じて「これで全部で最後」と誓約書をお互い書いて、5000万円を支払い、完了。 その後「ヤッパリもっと欲しい。井戸掘りたい、木を植えたい、息子の勉強部屋欲しい」などタカリ続ける旦那。

実際には息子にも前妻にも娘にもビタ一文払ってなくて、息子から「あの時、苦労したんだから俺にも金くれ」と言われて、バックれる旦那。

前妻と娘は何故かこちらに、「そもそもアンタらがウチらと一緒に住むように企んだ。お前らの子供は預かった!あとそっちに向けた大砲作った。金くれ!」とタカられているのが日本。


日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。その現実が良くない場合、言った人が責任を問われるので、良い事ばかり言う方が良い。 運動会前に「明日は雨になりそうで傘は必要」と言う人が居て、雨が降ると「お前が言うから降った」と抗議され、「傘の心配までして雨を呼び寄せた」という信仰。 革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり、正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。 社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。 最近の風潮は堅苦しい正義を振りかざすような言論がまかり通っています。 物事の複合的な面を認められずに、悪い処を見つけたら人格否定、社会的抹殺をするやり方は革命的な思考、嗜好、志向だと思います。