#不安より事実を

日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。  革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。

スリランカ元ジャヤワルダナ首相は戦後、日本に対する寛容と慈悲を呼び掛け賠償請求権放棄を宣言。勇気ある演説が日本の戦後復興の第一歩となりました。氏は自身の目の角膜の1つをスリランカ人、もう1つを日本人にと遺言、1999年に群馬県の女性に角膜が移植されました。

スリランカ元ジャヤワルダナ首相は戦後、サンフランシスコ講和条約会議において日本に対する寛容と慈悲を呼び掛け賠償請求権放棄を宣言。勇気ある演説が日本の戦後復興の第一歩となりました。氏は自身の目の角膜の1つをスリランカ人、もう1つを日本人にと遺言、1999年に群馬県の女性に角膜が移植されました。

 

スリランカの初代大統領

f:id:shinjihi:20210627224013p:image

 ジュニウス・リチャード・ジャヤワルダナ氏が、1951年のサンフランシスコ講和会議において、「セイロン(現在のスリランカ)は日本の独立・自由を支持する。日本に経済上・軍事上何ら制限がないことは、アジアの将来にとって必要なことである」「憎しみは憎しみによって消え去るものではなく、ただ慈悲によってのみ消え去るものである」と演説しました。

 

 日本に対する寛容と慈悲を呼び掛け、賠償請求権の放棄を宣言。この勇気ある演説が、日本の戦後復興の第一歩となりました。

 

 また、ジャヤワルダナ氏は、自分の愛した両国をいつまでも観ていたいという思いから、自身の目の角膜のうち1つをスリランカ人に、もう1つを日本人のために役立ててほしいと遺言を残します。

 

 日本では、1999年に群馬県の女性に角膜が移植されました。  

 

https://www.city.hashima.lg.jp/0000012483.html

 


日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。その現実が良くない場合、言った人が責任を問われるので、良い事ばかり言う方が良い。 運動会前に「明日は雨になりそうで傘は必要」と言う人が居て、雨が降ると「お前が言うから降った」と抗議され、「傘の心配までして雨を呼び寄せた」という信仰。 革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり、正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。 社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。 最近の風潮は堅苦しい正義を振りかざすような言論がまかり通っています。 物事の複合的な面を認められずに、悪い処を見つけたら人格否定、社会的抹殺をするやり方は革命的な思考、嗜好、志向だと思います。