#不安より事実を

日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。  革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。

満州の真実 汚名を着せられた日本人

中国人「満州国では寝れたが、中国じゃ寝れない。」

満州国の時代には、 夜、鍵をしないでも安心して 寝ることができました。

しかし、戦争が終わって 中国が入ってきてからは、 二重ドアにしなければ 安心して寝られなくなりました」

これは満州国に住んでいた ある男の証言です。

他にもあります。

「私が満州に行って驚いたのは、 レベルの高い生活をしていた。

建築物全てが煉瓦造りに なっていて窓は二重ガラス。

地下には子供が立って歩ける 大きななトンネルにパイプが巡らされ、 全戸スチームで集中暖房の生活。

寒い満州ですでに 水洗トイレを使用していた。

こちらはくみ取り式である。 散髪も今と同じ様に座って 散髪して洗髪している。

上富良野の洗髪は、 場所を移してポンプで水を かけてジャブジャブ頭を洗う。 スケートも革靴をはいて滑っていた。

パンは代用パンしか知らなかったが、 白い帽子をかぶった職人が 現在と同じ形のパンを 作り売られていた。

吉林市には日本人の小学校が 朝日、陽明と二校あり、 他に中学校、女学校が 各一校の合計四校あった。 いずれも大きな煙突が築かれ、 レンガ建物全体が完全暖房。

水洗トイレであった。 おとぎの国に行ったのかと 思う程生活が違う。 今でも懐かしく思い出します。」

しかし、あなたは不思議に思いませんか?

なぜなら、満州は 「あそこは無法の荒野であって、 身の安全を確保するのすら難しいだろう。」 と海外の旅人に言われていた地であり、 街は荒廃し、薬物と汚職と賄賂が蔓延した スラムと化していたからです。

さらに、そんな弱った満州に対して 私たちは侵略・占領をしたと 教わってきたはずです。

実際に、日本の教科書にもはっきりと 侵略の文字が刻まれています。

にも、かかわらず このような侵略とは程遠い真逆の 証言が見つかっているのです。

つまり、日本の教科書と このような実際の記録の内容が 矛盾しているということですが、、、

一体どちらが正しいのでしょうか?

このような矛盾は これだけだはありません。

当時の西欧列強や他の国の統治を 見てもわかるように、 本当に侵略をされた国は、 奴隷のように搾取されて当たり前でした。

例えば、スペインとドイツに 支配されたパラオでは搾取、惨殺が 繰り返されパラオ人の 人口は90%も減少しています。

しかし、日本に統治された 満州だけはなぜか人口が 急増しているのです。

果たして日本の満州統治は 本当に侵略・搾取だったのでしょうか?

その答えは、決して教科書やメディアが 伝えない歴史から消された 日本人の偉業にありました、、

「あそこは無法の荒野であって、身の安全を確保するのすら難しいだろう。」 そう、感想を残したのは、満州を訪れた一人のアメリカ人です。1930年代に入った満州は世界で一番不公平な土地でした。 f:id:shinjihi:20210827002723j:plain 例えば、税金制度はデタラメで貧乏人には重く、金持ちには軽い。田舎には重く。都会には軽い。働く者には重く、怠け者には軽い、、、さらには、徴税する役人同士で税金争奪戦が行われ、、、職権濫用を繰り返しては、働く満州民から暴力的に金を奪って自分の懐に入れて、、、民衆から軍人や政治家まで薬物乱用を繰り返し、、、薬物と汚職と賄賂が蔓延した満州はさながらアジアのスラム街でした。

それだけではありません。満州国の成立以前、軍閥が割拠支配する満州で、人々をもっとも苦しめていたのは通貨の混乱でした。満州の各省では、それぞれの省の支配者によって紙幣が発行されていて、これらの紙幣は他の省では通用しません。その紙幣の数はなんと100種類以上になります。しかも、各紙幣は軍閥が思いのままに乱発するので、数年ごとに紙くず同然になります。こうして軍閥の支配者は政権を奪取するたびに紙幣を乱発して、巨万の富を蓄えていたのです。

そうした環境にあった満州民の生活は徹底的に破壊されつくされ、格差社会であったにもかかわらず、もっとも裕福な奉天省でさえ、人口の4割は雑穀しか食べれない生活を送っていました。そして、残りの6割は物々交換の生活をなんとか送っていたのです。まさに中世以前の前近代社会です。

f:id:shinjihi:20210827002744j:plain (日満議定書の調印式) しかし、そんな今から見れば地獄ともいえるような日々を送ってきた満州民に転機が訪れました。 1932年9月15日に日満議定書が日本と満州の間で結ばれ、日本が満州を本格的に統治しにやってくるというのです。

ですが、、この日本が統治にやってくると耳にした時、満州民は猛反対しました。他の西欧列強の統治をみても分かる通り、ただ奴隷のように搾取される未来が見えていたからです。実際に、スペインとドイツに支配されたパラオでは搾取、惨殺が繰り返されパラオ人の人口は90%も減少しています。

そうして満州民の猛反対は凄まじく、、過激な排日行為によって当時から満州に居た日本人が迫害されて日本人の4分の1の家がなくなったと言われています。

しかし、この満州民の心配は杞憂に終わりました。なぜなら実際に日本の統治生活が始まると、、、

f:id:shinjihi:20210827002804j:plain (満洲中央銀行) まず、極端で独裁的なデタラメな税金制度が改善され、満州が近代国家として脱皮するための新たな礎が打ち込まれました。その後、満州国の税収入は着実に増えて安定し、立派に発展していく満州国の経費をまかないました。租税に関して、満州国の民衆の間に不平は不満はほとんどなく、紛争や騒動がピタリと収まったのです。

そして、近代的な租税制度の確立とともに、満州国で最大の成果を上げたもう一つの改革は、通過の統一です。日本によって中央銀行が設立されて、通貨発行の権限は1カ所に指定され、それ以外の通貨の使用は禁止されました。満州国の建国当時、各地で反旗を翻した大小様々の軍閥は、どさくさに紛れて紙幣を大乱発していました。これはもとより日本が責任を負うべき筋のものではありません、、、

しかし、被害者の民衆に救いの手を差し伸べて、民心を安定させて信頼を回復するためにも、そのための緊急措置としてこれらの紙くずの紙幣をすべて回収し、新しい通貨と同じ額面で交換されたのです。これらの出血を伴う荒療治によって、満州の通貨の混乱もピタリと収まって、民衆の生活は安定しました。

それだけではありません、、、、

f:id:shinjihi:20210827002837j:plain (鞍山製鉄所) 今まで、雑穀すらまともに食べれない農業国を工業大国に育てるために、満州開発5カ年計画という大事業を日本がスタートさせました。

しかし、もともと資本の蓄積が乏しく、満鉄以外には人材も技術者もいない満州で、こういった大計画を実施しようとすれば、どうしても日本の身を削った方法しかなくなってしまいます。そこで、日本政府は当時の年間24億円あった国家予算の2倍に相当する約50億円を満州国に投資しました。

こうして、人々の生活は豊かになり、日本が統治した13年の間に人口は3000万から5000万人に増えて、統治した当初に見られた反発も生活が豊かになるにつれ、全く見られなくなりました。アジアのスラム街だった満州はアジアのオアシスへと大変貌を遂げたのです。

実際に、1931年のロンドンのタイムズはこのような記事を書いています。「日本は支那の悪政という荒涼たる砂漠の中に青々としたオアシスを作り出したのである」そして、「満州での合法的な企業が、数々の妨害を受けてきたという日本の主張は十分に理解されるし、その上、日本国民は、満州で迫害されてきたともいわれている」と記載されていました。

最初は排日運動・反日教育に没頭していた中国人すらも、日本が統治した満州国をみて中国各地から移住希望者が殺到しました。実際に中国の人口の40分の1がわざわざ満州国に移住してきたと言われています。

そんな日本が統治した満州について、こんな記録が残っています、、、

満州国の時代には、夜、鍵をしないでも安心して寝ることができました。しかし、戦争が終わって中国が入ってきてからは、二重ドアにしなければ安心して寝られなくなりました」

「我々の旅した土地は、わがアメリカの中西部の豊かな農業地帯の風景と似ていた。食糧が豊富に供給されるこの土地では、飢えに苦しむ人など一人もいない。我々が訪れた各都市の新興の市街地では、道路がよく舗装され、近代的な建物が建っているのを見て、私は大変驚いた。これはこの国の新しい首都である新京で、とりわけ顕著だった。この新しい首都の町が目下のところ、急速に開発されているその素晴らしい計画に、強烈な印象を受けた。5~6年前に新政権が成立した時、新京が首都になって以来、これほど多くの業績が成し遂げられてきたのは、実際ほとんど信じられないくらいだ。明確なよく練り上げられた計画にしたがって建設されているので、新京はその発展が進むにつれて、世界有数の美しい都市の一つになるだろう。」

「私が満州に行って驚いたのは、レベルの高い生活をしていた。建築物全てが煉瓦造りになっていて窓は二重ガラス。地下には子供が立って歩ける大きななトンネルにパイプが巡らされ、全戸スチームで集中暖房の生活。寒い満州ですでに水洗トイレを使用していた。こちらはくみ取り式である。散髪も今と同じ様に座って散髪して洗髪している。上富良野の洗髪は、場所を移してポンプで水をかけてジャブジャブ頭を洗う。スケートも革靴をはいて滑っていた。パンは代用パンしか知らなかったが、白い帽子をかぶった職人が現在と同じ形のパンを作り売られていた。吉林市には日本人の小学校が朝日、陽明と二校あり、他に中学校、女学校が各一校の合計四校あった。いずれも大きな煙突が築かれ、レンガ建物全体が完全暖房。水洗トイレであった。おとぎの国に行ったのかと思う程生活が違う。今でも懐かしく思い出します。」 日本は侵略者ではなく救世主だった もし、あなたが日本は満州に侵略・占領をして民衆を抑圧し、圧制の元でひどい行為をしたと思っているなら、少し考え直す必要があるかもしれません。

たしかに、私たちが習った教科書には、満州統治は日本の侵略だったとはっきり書かれていますし、当時の西欧列強がしていた植民地支配の常識から考えてみても、"日本が侵略者だ"と誤解されても、おかしくないかもしれません。

しかし、実際には、暴動は収まり、近代的な制度が確立し、人口は増え、わずか13年間で工業大国へと変貌しています。今でこそ、中国から言われなき侵略と呼ばれる満州統治ですが、当時の中国人口の40分の1が移住してきた事実こそが侵略ではなかった確たる証拠なのではないでしょうか。

こうした歴史の矛盾を1つ1つ丁寧に紐解いていくと、今まで見えてこなかった日本人の功績が浮き彫りになり、歴史の見える絵柄がガラッと変わります。

日本から満州に人材を送り込んだ時に大蔵大臣の高橋是清はこのような演説を行いました。

「このたびは満州が新たに国づくりをしようとしているのだ。君たちはそこに手伝いに行くんだ。真に満州のためを思って行かなければならない。日本の利益を計るのを第一としてはならない。満州国の人たちの身になって、満州国の人たちの真の幸福をはからなければならない。それがまた結局、日本にとって本当の利益になるのだ。日本だけの利益をはかるのが愛国心だ、などと思っている人がたくさんいる。ことに外国や植民地に行っている人に、そういった人が多い。困ったことだ。この連中のために日本がどんなに損をしているか、分からない。私は君たちがうらやましい。できることなら、私自身が満州へ行きたいとさえ思う。私がもしももう30年若かったら、この仕事は私が引き受けていただろう」

こんな記録が残っていても、果たして日本は"残虐な侵略者"のままなのでしょうか? 日本に濡れ衣を着せた首謀者の正体

f:id:shinjihi:20210827002852j:plain (ダグラス・マッカーサー) しかし、一体いつから日本は侵略者扱いになったのでしょうか? そこにはアメリカの陰謀がありました。

当時まだ見ぬ巨大戦艦を持ち「眠れる獅子」として欧米列強からも恐れられていた清国を打ち負かし、、、日本の11倍の陸軍総兵力を持ち世界最強とも呼ばれていた大帝国ロシアを葬り去り、、、明治維新で急成長を遂げ、アジアで唯一欧米列強と張り合える戦力を持った極東の小国…。

そんな気味が悪いほど強かった日本を2度とみたくなかったアメリカは東京裁判で日本に通訳もせぬまま、でっち上げの侵略の罪をなすりつけたのです。こうすることで、「日本=侵略者」「日本=アジアに迷惑をかけた」の構図が国際的に成り立ち、日本は戦後の教科書でも自ら"侵略者の冠"を被り続けることになりました。

また、同時にGHQの指令によって「中国批判」は禁じられ、その後、「日中記者交換協定」などで、メディアは中国の嘘に反論することさえできなくなりました。結果、日本人は、日本人の功績と共に正しい歴史を見失うハメになったのです。

これでは、そんな嘘の歴史を突きつけられて育つ日本の子供たちが日本を誇ることができません。「日本人は残虐だった、、アジアの国々を侵略して迷惑をかけた、、中国には謝らないといけない、、」と教科書で嘘の歴史を学んだら、私たちやそのまた上のお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんの世代のことを恥ずかしく思うかもしれません。 満州の真実を語ることが一種のタブー

(東京裁判) しかし、こうした状況をなんとかしようにも実際には戦後の歴史界では、東京裁判史観が厚く信じられているので、満州の真実を語ることが一種のタブーとされています。

満州国は日本の敗戦とともに消えてしまったため、現地の資料の整理もされませんでした。日本軍が降伏したあともソ連が火事場泥棒的に攻め込せてきて資料をかっさらっていったからです。

なので、戦後わたしたち日本人は満州と日本のかかわりについて真正面から向き合うことを避けてきたもっとも不得手な分野と言えるかもしれません。しかしだからこそ、満州の歴史をどう見るのかということは、日本人の歴史観を問う鏡のようなものです。実際、満州には戦前日本のエッセンスが凝縮されています。

なぜなら、戦前の日本が、明治から終戦までのわずか70年そこそこの間に成し遂げた近代化の試行錯誤の結果を遺憾無く発揮した場所が、この満州だったからです。

つまり、満州のことを正しく理解することは、日本を理解する、ということだといえるわけです。日本は生存のため、欧米に抑圧された自己を開花させるため、この満州の土地に命を懸けました。そこで、戦後70数年間歪んだままやってきた歴史を正しく、わかりやすく理解できるようにと製作することしたのが東京国際大学教授の福井雄三先生による『「アジアに花咲くオアシス・満洲国」〜高橋是清が期待した星野直樹という逸材』です。

https://in.kamijimayoshiro.jp/fkma2_14800


日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。その現実が良くない場合、言った人が責任を問われるので、良い事ばかり言う方が良い。 運動会前に「明日は雨になりそうで傘は必要」と言う人が居て、雨が降ると「お前が言うから降った」と抗議され、「傘の心配までして雨を呼び寄せた」という信仰。 革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり、正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。 社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。 最近の風潮は堅苦しい正義を振りかざすような言論がまかり通っています。 物事の複合的な面を認められずに、悪い処を見つけたら人格否定、社会的抹殺をするやり方は革命的な思考、嗜好、志向だと思います。