#投票に行こう

日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。  革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。

『自民党総裁選候補の顔ぶれと主な政策』 『三橋貴明の「新」経世済民新聞』  2021年9月21日  河野太郎だけは絶対に総裁にしてはならない

三橋貴明の「新」経世済民新聞』  2021年9月21日

 河野太郎だけは絶対に総裁にしてはならない

自民党総裁選候補の顔ぶれと主な政策』

岸田文雄・前政調会長は、 インフレ目標2%維持。 デフレ脱却最優先。

新たに数十兆円規模の経済対策。 予算の単年度主義是正(素晴らしい!) 画竜点睛を欠くのが、 「PB目標「流れ見て判断」」。 (目標達成時期の延期だろうな・・・・・)

高市早苗・前総務大臣は、 インフレ目標2%を達成するまで、 PB目標凍結。

金融緩和、緊急時の機動的な財政出動、 雇用と所得拡大につながる 危機管理・成長投資を通じ、 物価目標2%を達成。

高市氏の 「緊急時の機動的な財政出動」について、 「財政は緊急時だけかよ!」と 批判している人が少なくないですが、 それはさすがに的外れですよ。

何しろ、以前は「構造改革」だった 成長戦略が、「危機管理・成長投資」に 変わっている (本人が「改革から投資へ」と言っている)。

つまりは、矢の三本目は、 単に財政出動(しかも、長期)なのです。

正直、 「サナエノミクス二本の矢!  一本目、金融緩和。 二本目、財政出動。終わり!」 にした方がスッキリして 良かったと思います。 (安倍晋三の支援を得るために、 三本の矢を引き継いだ印象に しているんでしょうけど)

「そんなこと言っても、 三本目の矢が構造改革に 変わるかも知れないじゃないか!」 と、反発したくなった人はいるでしょうし、 その可能性は否定しませんが、 「現時点で政治家が語っている政策」の 比較をしているのです。

将来の話は、 いずれにせよ分かりませんからね。

そして、河野太郎行政改革担当相。 物価安定2%目標 「今の状況では厳しい」、 インフレ率は経済成長の結果。 金融政策は日銀に委ねる、 日銀は市場との対話を。

やる気なし! という感じですね。

インフレ率は経済成長の結果ではなく、 総需要と供給能力のバランスで決まります。

そして、 日銀に今の日本の総需要を 拡大するパワーはありません。 2013年3月以降の社会実験で、 証明されました。

日銀が市場と対話とやらをしたところで、 インフレ率が上がることはありません。

もちろん、経済成長もしません。 理由は、日銀と市場との会話は 「財やサービスの購入(総需要)」 ではないためです。

ホント、今回の総裁選挙で、 河野太郎が勝利したら、 その後の日本の未来は 「ヒャッハーッ!」でございますよ。

日本国という共同体を維持し、 成長する資本主義経済を取り戻すためにも、 河野太郎だけは絶対に 総裁にしてはならないのです。


日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。その現実が良くない場合、言った人が責任を問われるので、良い事ばかり言う方が良い。 運動会前に「明日は雨になりそうで傘は必要」と言う人が居て、雨が降ると「お前が言うから降った」と抗議され、「傘の心配までして雨を呼び寄せた」という信仰。 革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり、正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。 社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。 最近の風潮は堅苦しい正義を振りかざすような言論がまかり通っています。 物事の複合的な面を認められずに、悪い処を見つけたら人格否定、社会的抹殺をするやり方は革命的な思考、嗜好、志向だと思います。