#安倍さんは高市早苗さん支持

日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。  革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。

あなたは知らなかったでしょ?世界中で軍の為の慰安婦が居た。アメリカ軍による従軍慰安婦の強制連行は事実である。韓国にはまだ居る?

イギリス軍の慰安婦
1893年のインド駐留イギリス軍の売春制度の調査では利用料金は労働者の日当より高くまた女性の年齢は14 - 18歳だった。当時インドのイギリス軍はバザールが付属する宿営地に置かれバザールには売春婦区画が存在した

https://t.co/R6VqWte1vu

第二次世界大戦では、イギリス軍は公認の慰安所は設置せず現地の売春婦や売春宿を積極的に黙認した。1944年3月の米軍の日系2世のカール・ヨネダ軍曹のカルカッタでの目撃証言では、6尺の英兵が10歳のインド人少女に乗っている姿が丸見えで、「強姦」のようだった

ドイツ軍の慰安婦

1939年9月9日、ドイツ政府は軍人の健康を守るために街娼を禁止し、売春宿 (Bordell) は警察の管理下におかれ、衛生上の監督をうけ、さらに1940年7月にはブラウヒッチュ陸軍総司令官は、性病予防のためにドイツ兵士のための売春宿を指定し、それ以外の売春宿の利用を禁止した

https://t.co/R6VqWte1vu

ソ連スターリンは売春を禁止していたため、東方の占領地では売春宿を新設し、慰安婦はしばしば強制徴用されたといわれる

2005年1月、ドイツで放映されたドキュメンタリー番組「戦利品としての女性・ドイツ国防軍と売春」では、ドイツ軍が、フランス人の売春婦を使い官製の慰安所を始め、後にはポーランドウクライナの女学校の生徒を連行し、慰安婦にしたことを報じた。

 

フランス軍慰安婦

フランス軍、特にフランス植民地軍では「移動慰安所」という制度があった。「移動慰安所」と呼ばれ、第一次世界大戦第二次世界大戦インドシナ戦争アルジェリア戦争の際に存在した。移動慰安所はモロッコで成立したといわれ、ほかアルジェリアチュニジアにも存在した
https://t.co/R6VqWsWqDW

 

アメリカ軍の慰安婦

アメリカ本国は全国レベルでは公娼制を持たなかったが、植民地で公娼制度を導入した。米西戦争でスペインに勝利したアメリカが1898年にフィリピンを占領してからは雨後の筍のように売春宿が蔓延

https://t.co/R6VqWte1vu

米軍目当ての売春宿と性病検査はその後も第二次世界大戦ベトナム戦争、1990年代の米軍の一時撤退まで継続し、廃止されることはなかった

1942年に昆明では、フライング・タイガースが性病感染で有名な売春宿のせいで「空軍の半数が飛べなかった」とのセオドア・ホワイトの証言がある。1943年夏のシシリー島占領後は、ドイツ・イタリア軍慰安所を居抜きで利用している

https://t.co/R6VqWte1vu

アメリカ軍は太平洋戦線ではビルマ方面で売春婦をインドで集め慰安所を設置していた。

 

アメリカ軍による従軍慰安婦の強制連行は事実である

朝鮮戦争ではアメリカ軍の為に韓国人女性が慰安婦として集められる(#大韓民国慰安婦)とともに、日本人慰安婦在日米軍基地周辺、また朝鮮半島へも日本人慰安婦が連れて行かれたこともあった

 

アメリカの支援を受けて建国された韓国では、朝鮮戦争以降、韓国政府が韓国軍・米軍向けの「特殊慰安隊」を設立した。2002年に韓国の研究者金貴玉が、朝鮮戦争時の韓国軍にも慰安婦制度があったとし、韓国軍は1948年の政府の公娼廃止令に背いて、約3年間不法に公娼を設置・運営していたと発表して以降、韓国軍慰安婦の実態調査も開始されたが公文書の閲覧が制限されてもいる(詳細は本項#大韓民国慰安婦参照)。


日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。その現実が良くない場合、言った人が責任を問われるので、良い事ばかり言う方が良い。 運動会前に「明日は雨になりそうで傘は必要」と言う人が居て、雨が降ると「お前が言うから降った」と抗議され、「傘の心配までして雨を呼び寄せた」という信仰。 革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり、正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。 社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。 最近の風潮は堅苦しい正義を振りかざすような言論がまかり通っています。 物事の複合的な面を認められずに、悪い処を見つけたら人格否定、社会的抹殺をするやり方は革命的な思考、嗜好、志向だと思います。