言霊と革命を超えて

日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。  革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。

エジプトのホルス神とイエスキリストの類似性は同一人物と思えるほど凄い。

ホルスは(BC3000 エジプト)12月25日聖母イシスメリーから生まれた
ホルスの誕生には東方の空に星が現れ、三人の王が祝いに駆けつけ新しい
救世主として崇拝した
ホルスは12歳で天才児として教育者となり30歳でアナプによって洗礼を受け
聖職活動を始めた
ホルスは12人の使徒達と旅を共にし病を治したり水の上を歩くなどの
奇跡を起こした
ホルスは多くの名前で知られていた
真実、光、神の子、よき羊飼い、神の羊など様々だ
タイフォンに裏切られた後 十字架に張りつけられ埋葬されたが
3日後に生き返った

このホルスの話が原作かどうかは別として
その他多くの異文化の神話にも同じような内容が共通している

紀元前1200年古代ギリシャのアティス
12月25日 聖母ナナから誕生
十字架に架けられ死亡した三日後に蘇える

紀元前900年インドのクリシュナ
聖母デヴァキから誕生 その晩に東方の輝く星が出現
彼は弟子達と奇跡を起こし
死亡した後復活した

紀元前500年ギリシャのダイナイシース
12月25日聖母から誕生し旅の宣教師となり
水をワインに替えるなどの数々の奇跡を起こした

彼は王の王 神の唯一の息子 アルファとオメガなど その他多くの呼び名で
知られた
そして死亡した後復活した

紀元前1200年ペルシャのミスラ
12月25日聖母から生まれた
12人の弟子をもち奇跡を起こした
死亡して埋葬された3日後に復活した
彼もまた真実、光やその他の呼び名を持っていた
興味深い事にミスラの神聖な崇拝は日曜日だった

実は多くの時代の異なる世界の様々な神や救世主も同じ様な話になっている
ここで疑問が残る なぜこの内容なのか?

なぜ12月25日にバージン(処女)から生まれるのか?

なぜ死亡した3日後に必ず復活するのだろうか?

なぜ12人の使徒なのか?

では答えを探すため最も最近の”太陽の救世主”を分析してみよう

イエス・キリストは12月25日ベツレヘム聖母マリアから誕生した
彼の誕生は当方の輝く星によって知らされ
3人の博士が新しい救世主を崇拝するために訪れた
彼は12歳で天才児として教育者となり
30歳で宣教師ヨハネの洗礼を受け聖職者となった
キリストは12人の弟子と旅を共にし 病を治したり
水の上を歩いたり人を生き返らせたりと様々な奇跡を起こした
彼は王の王、神の子、世の光、アルファとオメガ、神の羊など
その他多くの呼び名で知られた
弟子のユダに裏切られ30枚の銀貨を売り 十字架に架けられ命を絶った
棺に納められた
3日後生き返り天国へ渡った

先ずこの誕生日は完全に占星学的である

東方の星とは最も輝く巨犬座のシリウスを指している
シリウスは12月24日にオリオン座の3つ星と直線に並ぶ


⬇︎



日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。その現実が良くない場合、言った人が責任を問われるので、良い事ばかり言う方が良い。 運動会前に「明日は雨になりそうで傘は必要」と言う人が居て、雨が降ると「お前が言うから降った」と抗議され、「傘の心配までして雨を呼び寄せた」という信仰。 革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり、正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。 社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。 最近の風潮は堅苦しい正義を振りかざすような言論がまかり通っています。 物事の複合的な面を認められずに、悪い処を見つけたら人格否定、社会的抹殺をするやり方は革命的な思考、嗜好、志向だと思います。