#言霊と革命を超えて

日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。  革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。

大東亜(大アジア)に独立をもたらした日本は大東亜戦争を戦ったのです。東南アジア諸国の欧米による長期の植民地支配、そして、独立の契機と経緯をご覧ください。

東南アジア諸国の欧米による長期の植民地支配、そして、独立の契機と経緯をご覧ください。終戦の日。→

f:id:shinjihi:20130816001256j:plain

 

けして日本は「太平洋戦争」を戦っていなかった。「太平洋戦争」は占領軍、アメリカの付けた名前です。石油の禁輸など日本への圧力をはね返し、大きなアジアの独立を拓く、その戦いを先人は「大東亜戦争」と名付けました。

この年表を見れば、日本がアジアの植民地支配をしていた欧米と戦い、欧米は戦争に勝ったがおいしい植民地を失い、アジアが次々と独立していった長い歴史の経緯が理解できます。

日本は戦争には負けましたが、戦争の目的を達成したのだと言えるでしょう。その事実に向き合えない欧米や特ア諸国は引き続き、大東亜戦争における日本の役割を否定し続けますが、歴史がその意義を説明し、東南アジア諸国やインド、トルコ、などで日本は尊敬されているのです。

その東南アジアからインドそして中東から欧州に至る「自由と繁栄の弧」を安倍総理、麻生副総理は創ろうとしているのです。

これに対する特アの不安から来る対立を煽る言動に付き合ってはいけません。

経済の繁栄と自由な民主主義を重んじる国々との交流は日本を含む各国を豊かにし安定させ、世界の平和に貢献するでしょう。

終戦の日、大東亜、更には世界の平和と繁栄を創る日本になると再び誓おうではありませんか。

 


日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。その現実が良くない場合、言った人が責任を問われるので、良い事ばかり言う方が良い。 運動会前に「明日は雨になりそうで傘は必要」と言う人が居て、雨が降ると「お前が言うから降った」と抗議され、「傘の心配までして雨を呼び寄せた」という信仰。 革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり、正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。 社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。 最近の風潮は堅苦しい正義を振りかざすような言論がまかり通っています。 物事の複合的な面を認められずに、悪い処を見つけたら人格否定、社会的抹殺をするやり方は革命的な思考、嗜好、志向だと思います。