#言霊と革命を超えて

日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。  革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。

団塊の世代

「団塊の世代」あたりのサヨクに下の世代がイラつく理由は「体制」に反抗してれば良いとする「#団塊の世代」あたりのサヨクのスタンスを「甘え」だと感じるからだ。

「団塊の世代」は定義によれば 第二次世界大戦直後の1947年(昭和22年)~1949年(昭和24年)に生まれた世代だ。 その方々にも是非、読んでみて欲しい。 令和元年(2019年)にはおよそ70歳から73歳になっているだろう。 彼らの多くは「体制」に従うのに反発…

左翼に染まった団塊の世代は2017年時点で69〜71歳。70代は戦後民主主義を良きものとして受け入れた世代。おそらく

おそらく日本の戦争意義が理解できたのは、大東亜戦争開戦時に成人で現在の90代。50代以下の世代が90代の声を残して行く事が戦後レジームからの脱却への道だ。 時間は少ない。


日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。その現実が良くない場合、言った人が責任を問われるので、良い事ばかり言う方が良い。 運動会前に「明日は雨になりそうで傘は必要」と言う人が居て、雨が降ると「お前が言うから降った」と抗議され、「傘の心配までして雨を呼び寄せた」という信仰。 革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり、正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。 社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。 最近の風潮は堅苦しい正義を振りかざすような言論がまかり通っています。 物事の複合的な面を認められずに、悪い処を見つけたら人格否定、社会的抹殺をするやり方は革命的な思考、嗜好、志向だと思います。