#言霊と革命を超えて

日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。  革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。

日本、韓国、シナの世界での評価 「中韓両国は、世界中で「日本の右傾化」を非難している。だが実際、世界の人たちはこの3国にどんなイメージを持っているのか。25ヵ国100人以上の声を拾ってわかった「驚くべき結果」とは……。

中韓両国は、世界中で「日本の右傾化」を非難している。だが実際、世界の人たちはこの3国にどんなイメージを持っているのか。25ヵ国100人以上の声を拾ってわかった「驚くべき結果」とは……。

 最近の韓国政府による「反日工作」は目に余るものがある。

米国の州議会で日本海と東海を併記させようとしたり、慰安婦像を建立して日本の軍国主義的イメージを植え付けようとしたり、常軌を逸した反日外交戦略を繰り広げてきた。

一方、中国による日本叩きも負けず劣らずだ。3月末、ドイツを訪問した習近平は「第二次世界大戦中に日本軍が南京で30万人以上中国人を虐殺した」という説を持ち出して、暗に日本軍とナチスを重ね合わせるなど、積極的な反日工作を行った。

こうした中国・韓国の反日キャンペーンに対し、日本でも嫌中・嫌韓の声が喧しいが、はたして世界に目を向けたとき、中国と韓国と日本はそれぞれどんな国に映っているのだろうか。

そこで本誌は、この3国を除く世界25ヵ国の103人に、中国・韓国・日本に対するイメージ調査を行った。調査の公平性を期すために、日中韓からの移民はもとより、3国と特別な関係を持つ人(妻が日本人など)は除外し、できるだけ世界各国の普通の人が、どのようなイメージを持っているかが明らかになるように配慮した。

アンケートの結果は、驚くべきものだった。

http://gendai.ismedia.jp/mwimgs/6/7/189/img_67854631a7886577d6c79748a35bbc3630216.jpg

右の図にあるように、「日中韓3ヵ国のなかで、最もイメージの良い国は?」という質問に対して、日本と答えた人の数が9割を超えたのだ。一方で、「悪いイメージの国」という設問では、中国を挙げた人が圧倒的多数だった。

この結果を見れば、中国人や韓国人を除く世界の大半の人々は、日本という国や日本人に対して好意的なイメージを抱いていることは明らかだろう。

「日本人は働き者で、非常に礼儀正しいというイメージです。和紙や陶磁器などの素晴らしい伝統工芸と、コンピュータなどのハイテク技術の両方を持ち合わせた国というのは、世界中見渡してもなかなかありません」(トビーさん、35歳、デザイナー、米国人男性)

このように日本に対し「伝統と先端技術が融合した国」というイメージを抱いている人は多い。

「日本人に直接会ったことはありませんが、日本ブランドの品質は絶対に信頼できます。トヨタにホンダ、ヤマハコマツ……。日本企業には、もっとアフリカに投資して進出してほしいですね」(ジュリアスさん、37歳、エンジニア、ケニア人男性)

日本に対して抱くイメージは、トヨタなどの日本製品へのイメージとそのまま重なっていることがよくわかる。一方で、アニメや漫画、映画といった日本のカルチャーが作り上げているイメージも見過ごせない。

北野武大島渚の映画が大好きです。他にも井上雄彦高橋留美子のマンガ、宮崎駿のアニメは、フランスでとても人気があります。フランスの印象派の画家たちが浮世絵の影響を受けたように、日本とフランスの文化は親和性が高いのです」(ジャックさん、53歳、教師、フランス人男性)

「折り紙の繊細さと、空手のような武道のワイルドさが同居している国。Xジャパンやラルク・アン・シエルのようなビジュアル系バンドもかっこいい」(ステファノさん、27歳、IT業、イタリア人女性)

「いちばん好きな俳優は木村拓哉。あと、ハローキティのグッズも最高ね」(チャンティさん、23歳、学生、インドネシア人女性)
嫌われるには訳がある

世界における日本文化の広がりに詳しく、著書に『中韓以外、みーんな親日』(ワニブックス)のある金沢学院大学准教授・酒井亨氏は、次のように語る。

「英国の公共放送BBCが毎年行っている、『世界に良い・悪い影響を与える国』という調査では、日本は毎回首位を争う評価の高さです(‘12年度は首位。’13年度は4位)。他にも『世界平和度指数』『民主主義指数』『国家ブランド指数』などにおいても、日本は常にトップクラス。世界を旅するときでも、日本のパスポートは信頼性が抜群に高い。海外に出てみて、初めて自国の素晴らしさを認識する日本人は多いですね」

実際、アンケート調査では、こそばゆく感じるほど日本への賛辞が連なっていた。

「独自の文化と伝統を持ちながら、近代化にも成功した日本は、素晴らしいロールモデルで、イラン人は皆、尊敬している。日本文化には伝統と厳格さがあるため、ヤクザやゲイシャといった、他の国では非道徳的とみなされる仕事においても、一種の美学が感じられる」(アッバスさん、48歳、飲食店経営、イラン人男性)

「日本人は非常に礼儀正しく、大地震のときでも暴動が起きなかったことには驚愕しました。欧米人よりずっと道徳的だと思います」(ラシードさん、58歳、公務員、レバノン人男性)

「日本のNGOによる人道支援は素晴らしい。すぐに見返りを求める中国人とは大違い」(ウマルさん、44歳、医師、ナイジェリア人男性)

では、世界中の9割近くの人に悪印象を持たれる中国人は、なぜそんなに嫌われているのだろう?

「あんなにひどい環境破壊をする国には、絶対行きたくない。人権意識も低く、民主的な国とは言えないですね。経済大国になった自信の表れかもしれませんが、外交も高圧的すぎます」(トーマスさん、54歳、エンジニア、米国人男性)

欧米各国では、一党独裁、環境汚染、少数民族への迫害、そして報道規制といった点が、「非民主的で、野蛮な国」というイメージを作り上げているようだ。
存在感が薄く、関心がない

一方、中国の近隣諸国では、実際に様々なトラブルを抱えているだけに、反発も大きい。

「1962年に中国軍がインドに侵攻した中印紛争以来、インド人は中国人のことを信用していません。あの国で評価できるのは、中華料理くらいですよ」(サチンさん、62歳、元公務員、インド人男性)

ウラジオストクの農場には、中国資本が入ってきています。ロシア人は皆、中国人が嫌いですが、カネ払いがいいので、しかたなく彼らの農場で働いているのです」(セルゲイさん、50歳、記者、ロシア人男性)

中国資本の進出が著しいアフリカにおいても、中国の評判は散々だ。

「中国はセネガルの森林に目をつけて、次々と買収しています。彼らは中国から人を連れてくるので、仕事を奪うばかりで、セネガルは経済的な恩恵を受けられません。歴史も豊かな文化もあるけれど、経済政策は下劣で、ビジネスマナーも最悪だと思います」(アブドゥライさん、48歳、建設業、セネガル人男性)

「中国製品は本当に質が悪い。持っているだけで恥ずかしいので、できるだけ買わないようにしています」(コフィさん、36歳、銀行員、ガーナ人男性)

中国は急激な経済成長と、強引な外交戦略で存在感を増しつつあるが、その分、比較にならないほど大きい軋轢を生んでいるようだ。

次に、サムスン現代自動車などの工業製品が世界進出を果たしつつある韓国だが、こちらの国はびっくりするくらい存在感が薄い。

サムスンなどのブランドはよく見ますが、韓国という国についてほとんど知りませんし、知りたいとも思いません」(アナさん、29歳、学生、スペイン人女性)

「エジプトにも現代の自動車はたくさん走っています。でもトヨタのほうが品質もいいし、好きです」(ムハンマドさん、41歳、警察官、エジプト人男性)

「いちばんイメージの悪い国は、韓国です。嫌いというよりも、印象がない。キムチ以外に何も知らない」(マリアさん、38歳、主婦、ブラジル人女性)

日本企業の欧州進出を支援するコンサルティング会社アルフェリス代表の佐藤大輔氏は語る。

「テレビや車などの製品が、そのまま国のイメージに直結するのはよくあることです。身近なところに韓国製品は溢れているものの、高品質だが価格も高く手に入りにくい日本製品の『代用品』として考えられているので、韓国のイメージはあくまで『日本の二番煎じ』というもの。一言でいえば影が薄いのです」

最近では、アジア諸国を中心に映画やドラマ、音楽など、韓国カルチャーの進出も著しい。

K-POPの歌手たちはセクシーで、感情表現が豊か。韓国には美人が多いと思うよ」(ソムチャイさん、23歳、学生、タイ人男性)

ただし、「K-POPなどの韓国カルチャーは、日本で言われているほど世界を席巻しているわけではない」と、前出の酒井氏は語る。

「日本のコンテンツ産業が、韓国カルチャーに押されているというような報道をときどき目にしますが、まったくの間違いです。韓国カルチャーは所得が低いBOP市場(ピラミッドの底辺のマス市場)をターゲットにしています。一方、日本のカルチャーは高度な文化的コンテクスト(文脈)が理解できないと受容されにくい。そもそもターゲット層が違うのです。アジア諸国が経済発展していくにつれて、日本の洗練された文化を欲する階層も拡大するでしょう」

以上のように、世界の人々の約9割は、日本に良いイメージ、中国に悪いイメージを抱き、韓国には関心がないというのが現実だ。
(中略)

中国と韓国は対日批判において手を結んで、日本のイメージに泥を塗ることに躍起になっている。

だが、日本がこのような戦略にいちいち目くじらを立てる必要はない。「世界の嫌われ者」と「影の薄い国」が何を企んでいたとしても、余裕をもった態度で平然としていればいい。日本は世界中で愛されている「人気者」なのだから。


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39050


日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。その現実が良くない場合、言った人が責任を問われるので、良い事ばかり言う方が良い。 運動会前に「明日は雨になりそうで傘は必要」と言う人が居て、雨が降ると「お前が言うから降った」と抗議され、「傘の心配までして雨を呼び寄せた」という信仰。 革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり、正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。 社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。 最近の風潮は堅苦しい正義を振りかざすような言論がまかり通っています。 物事の複合的な面を認められずに、悪い処を見つけたら人格否定、社会的抹殺をするやり方は革命的な思考、嗜好、志向だと思います。