#野党とマスコミは敵の手先

日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。  革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。

合祀

靖国神社と分祀と国会全会一致で名誉回復された「戦犯」。 ア)政教分離にも反します イ)神道で分祀は個別の魂を分ける事ではありません ウ)既に「戦犯」など居ませんしサンフランシスコ講和条約への参加国も承諾しています エ)「東京裁判」は似非裁判とは言え「罪」を償った方を侮辱し続ける事は許されない オ)参拝は信教の自由

①「分祀」とは「合祀」されているひとかたまりの魂、いわば炎を他の場所にも分ける事です。同じひとかたまりの魂の炎が増えるだけなので、誰々の魂だけ分けてその魂だけ移す事は出来ません。 ②戦後、社会党議員の発議で全ての「戦犯」は国会の全会一致で名誉…


日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。その現実が良くない場合、言った人が責任を問われるので、良い事ばかり言う方が良い。 運動会前に「明日は雨になりそうで傘は必要」と言う人が居て、雨が降ると「お前が言うから降った」と抗議され、「傘の心配までして雨を呼び寄せた」という信仰。 革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり、正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。 社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。 最近の風潮は堅苦しい正義を振りかざすような言論がまかり通っています。 物事の複合的な面を認められずに、悪い処を見つけたら人格否定、社会的抹殺をするやり方は革命的な思考、嗜好、志向だと思います。