#言霊と革命を超えて

日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。  革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。

韓国料理店のアンケートで旅行が当たったら、恐ろしい事が待っていた!

韓国料理のお店で、アンケートに答えたら、なんと抽選で京都旅行があたった。

ところが旅行前日、彼は風邪を引いてしまった。

彼は自分の代わりに嫁の姉、嫁と子供二人の4人で旅行に行ってもらうことにした。

旅行当日、彼は自宅で静養していると、玄関のドアがギリギリ、メキメキと音を立てた。

(強盗だっ・・・・!!!)

彼は必死で考えたが自分は風邪引き、戦っても勝ち目がない。

受話器を取ると110。そのままにして天井ロフトの物置に急いで隠れた。

 


天井から隙間越しに除くと玄関を壊して侵入してきた強盗は男3人(A、B、C)

A「まだ布団が暖かい・・・」と漏らした。

B「旅行のはずだろ?車、ちゃんと確認したか?%&%$#”?」

C「#!”#”!%$###!&%%」 BとCが話したのは日本語じゃなかった。

Cが取り出したコンバットナイフには血がついていた。

2Fから家捜しが始まり、彼の居場所がばれるのも時間の問題だった。

そのときパトカーが駆けつけてくれた。

強盗たちはベランダの窓ガラスを割り逃げていった。

警察の事情聴取に応じる彼に嫁から電話がかかってきた。

「ひどいのよ!京都についたらそんな予約はありませんだって!!」

 


その後、彼は一切旅行にいってないそうです。


日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。その現実が良くない場合、言った人が責任を問われるので、良い事ばかり言う方が良い。 運動会前に「明日は雨になりそうで傘は必要」と言う人が居て、雨が降ると「お前が言うから降った」と抗議され、「傘の心配までして雨を呼び寄せた」という信仰。 革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり、正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。 社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。 最近の風潮は堅苦しい正義を振りかざすような言論がまかり通っています。 物事の複合的な面を認められずに、悪い処を見つけたら人格否定、社会的抹殺をするやり方は革命的な思考、嗜好、志向だと思います。