言霊と革命を超えて

日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。  革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。

イルカや鯨は頭が良いから可哀想?牛や豚や鳥は屠殺してるけど可哀想じゃないの?「いただきます」に込められる命への誓いとは何か?

イルカや鯨は頭が良いから殺したら可哀想?

牛や豚や鳥は毎日、屠殺してるけど可哀想じゃないの?

頭が悪い動物は殺して良いの?

 

優秀な生き物だけ生かせば良いというのは二十世紀の人類最大の過ちの一つであるヒトラーナチスドイツが目指した優生学政策に繋がるんだ。

ユダヤ人虐殺政策に繋がるんだ。

 

白人はオーストラリア大陸アボリジニ人を虐殺した。それは劣った(優秀でない)生き物は殺して良いと考えたからだろう。同様にカンガルーも虐殺した。

 

白人はアメリカ大陸でネイティヴアメリカンインディアンを虐殺した。それは劣った(優秀でない)生き物は殺して良いと考えたからだろう。同様にバッファローも虐殺した。

 

冷静に考えれば、アボリジニ人にもネイティヴアメリカンインディアンにも命があるように、イルカにも鯨にも牛にも豚にも鳥にもネコにも犬にもカンガルーもにもバッファローにもにも命がある。

カエルにも蝶にもトカゲにも魚にも蟹にもコウロギにも命がある。

植物だって声は出さなくても命がある。

これらの命は大切じゃないのか?

いや、大切だろう。

 

では、あなたの命より大切だろうか?

それはあなたが決めることだろう。

 

オイラはどちらも大切だろうと思う。

どちらも大切だろうが、どちらかの命が犠牲になるのであれば、犠牲になる命に感謝と尊厳を表したい。

 

さて「いただきます」に込められる命への誓いとは何か?

 

日本で食事の前に「いただきます」と言うのは「(自分の命を永らえる為にここにある命を)いただきます」という意味だと思う。

けしてお食事を作ってくれた人、食事を出してくれた人、お金を払ってくれた人に感謝してるだけでは無いのだ。

 

その食事を食べられる環境に感謝すると共に、大袈裟に言えば、その食事に捧げられた命に「その命をいただいて、自分の命にさせて戴きます」と言っているのだ。

 

給食で、お金は払ってるから「いただきます」は言わせません、とか主張する親が居るそうだ。

レストランでも、お金は払ってるから「いただきます」は言わない、とか主張する人が居るそうだ。

 

言わないのは自由だが、「いただきます」のもう一つの意味である「自分の命を永らえる為に、ここにある命を感謝していただきます」と言うことを知っていたら、言いたくなるのではないか?

 

その意味で「動物や魚は食べません」という菜食主義者は自由だか、植物の命を戴いているのは間違い無い。植物が声を出さないから、痛みを表現しないから「可哀想じゃない」と思っているだけなんだ。

 

そう言う意味では誰でも、地球上の何らかの命、資源、そういうものを自分のモノとした生きるしかなくて、自分にそんな価値があるのかと自問したくなるだろう。

 

「頭が良いから食べない」「頭が悪い動物は殺して食べて良い」「動物や魚は食べない」とか言うのは全部、主観的な勝手な考えなので普遍的とか人道的なモノなんかじゃない。

少なくともオイラには普遍的に通用しない理論だ。

 

オイラに出来るのは、毎日、感謝して命をいただきます、と口に出して、精一杯生きて行くだけなんだよ。

 


日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。その現実が良くない場合、言った人が責任を問われるので、良い事ばかり言う方が良い。 運動会前に「明日は雨になりそうで傘は必要」と言う人が居て、雨が降ると「お前が言うから降った」と抗議され、「傘の心配までして雨を呼び寄せた」という信仰。 革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり、正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。 社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。 最近の風潮は堅苦しい正義を振りかざすような言論がまかり通っています。 物事の複合的な面を認められずに、悪い処を見つけたら人格否定、社会的抹殺をするやり方は革命的な思考、嗜好、志向だと思います。