#言霊と革命を超えて

日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。  革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。

「沖縄デモ集団の正体は中国」 公安が衝撃のレポートを発表しNHKも報じる 「沖縄デモ集団の正体は中国」 「沖縄デモ集団の正体は中国」 「沖縄デモ集団の正体は中国」 「沖縄デモ集団の正体は中国」

「沖縄デモ集団の正体は中国」 公安が衝撃のレポートを発表しNHKも報じる
「沖縄デモ集団の正体は中国」
「沖縄デモ集団の正体は中国」
「沖縄デモ集団の正体は中国」
「沖縄デモ集団の正体は中国」
「沖縄デモ集団の正体は中国」

http://netgeek.biz/archives/89705

 

公安調査庁が公表した報告書「内外情勢の回顧と展望」に目を引く箇所があったので紹介したい。沖縄の在日米軍基地に反対するデモ集団について、「裏で糸を引いているのは中国だった」とまとめたレポートだ。

 

公安の報告はすでにNHKも報道しており広まっている。

簡単に説明しておくと、沖縄が日本から独立すると得をする中国は秘密裏にデモ集団を支援していたというもの。その支援の度合いは中国の大学やシンクタンクも絡んでおり、まさに国家ぐるみ。最終的には日本を分断させることで政治を有利に運ぼうとするのが中国側の狙いだったとみられる。

 

当初、大阪の機動隊員が沖縄で暴れるデモ集団に対して「土人が!」と吐き捨てたとき、テレビや新聞などのマスコミは差別的な発言があったとして表面上の出来事だけを報じ、現地でどのような事態が起きているかについて言及しなかった。真実はもっと根深いところにあったのだ。

 

 

 

 

 


日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。その現実が良くない場合、言った人が責任を問われるので、良い事ばかり言う方が良い。 運動会前に「明日は雨になりそうで傘は必要」と言う人が居て、雨が降ると「お前が言うから降った」と抗議され、「傘の心配までして雨を呼び寄せた」という信仰。 革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり、正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。 社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。 最近の風潮は堅苦しい正義を振りかざすような言論がまかり通っています。 物事の複合的な面を認められずに、悪い処を見つけたら人格否定、社会的抹殺をするやり方は革命的な思考、嗜好、志向だと思います。