言霊と革命を超えて

日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。  革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。

民進党 ガソリンプリカ 山尾の会見での主な矛盾点 アンケート↓ https://twitter.com/shinjihi/status/746159774325080065

民進党 ガソリンプリカ 山尾の会見での主な矛盾点

山尾 「ガソリンプリカは大量購入せず元秘書が捨ててあったレシートを拾って請求してたみたい」    
 ↓
■ ガソリンスタンド店員 「よく事務所の人がプリペイドカードを買いに来ていました」と証言
     
山尾 「ガソリンプリカで不正やってた公設秘書は2012年7月にやめたよ」  
 ↓
■ 山尾政調会長“疑惑” 2013~2014年にもガソリンプリカ入金70回・計140万円
  ガソリンプリカに入金しながら、別に「ガソリン代」という記載も複数あった。
 
山尾 「さくら館(瀬戸市)は支持者の好意で始めたもので後援事務所としての認識はなかった」
 ↓
■ 山尾公式ブログ「 新しく” 瀬戸事務所 ”としてさくら館を開館する運びとなりました!(2013年)」
  ”さくら館”の玄関には「山尾しおり後援事務所」というデカイ立て看板まで設置・・・
 
ガソリンだけじゃないぞw
山尾志桜里氏・疑惑釈明会見詳報(3)】
光熱費、修理代、町内会費まで払っていながら「事務所」ではない!? 「認識に欠けていた…」と陳謝 - 産経ニュース
「そして、さくら館(愛知県瀬戸市)についてのご指摘もあった。
さくら館は、家主の方が、落選中から私のために好意で開放してくださっている建物のことだ。
私が常時使用している場所ではないために、ご指摘を受けるまでは、さくら館が総支部、後援会の事務所であるという認識に欠けていた」
「ご指摘を受けて、さくら館をめぐる収支を点検をしたところ、次の3点の事実、
(1)平成25年から電気代、水道代、ガス代を総支部が支払っていること
(2)灯油代金および町内会費を25年から(山尾氏の資金管理団体の)桜友会が支払っていること
(3)さくら館の修理代を25年に総支部が負担をしていること-
から見て、総支部および桜友会がそれぞれ家主から無償供与を受けているという判断に至った」 
 
 

日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。その現実が良くない場合、言った人が責任を問われるので、良い事ばかり言う方が良い。 運動会前に「明日は雨になりそうで傘は必要」と言う人が居て、雨が降ると「お前が言うから降った」と抗議され、「傘の心配までして雨を呼び寄せた」という信仰。 革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり、正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。 社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。 最近の風潮は堅苦しい正義を振りかざすような言論がまかり通っています。 物事の複合的な面を認められずに、悪い処を見つけたら人格否定、社会的抹殺をするやり方は革命的な思考、嗜好、志向だと思います。