#言霊と革命を超えて

日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。  革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。

集団的自衛権に賛成する名文が話題に→

【オイラは集団的自衛権の行使をするという方針に賛成する。

なぜか?

日本はアメリカと安全保障条約を交わしていて、アメリカは日本を攻撃する国から日本を守る義務を負っている。
しかし、実際に戦うのは生身のアメリカ人である。

アメリカが本当に日本を守る行動に出るのは、日本に守る価値と、日本への信頼がある場合だ。

それで、日本が、米国の作戦行動に憲法上の制約で協力できない、と言ったらアメリカは日本を守る価値を感じないだろう。

あなた、そこのあなた、はい、あなたに質問です。友達と歩いてる時に、友達が、他人に絡まれたら助けるでしょ?

しかし、その友達が「お前が絡まれてもお前を助ける事はおばあちゃんの遺言で、できない」と宣言されたら、それでもその友達が絡まれたら助けますか?

信頼関係が薄いから、かなり怪しいね。

それと同じ事なんです。


次に、「そんな約束するから攻撃されるんだ」という集団的自衛権に反対の立場の意見がある。

そうだろうか?

他人は、あなたと友達が相互に助ける約束をしている場合、あなたに絡みたいだろうか?

その他人は、一人歩きの弱いヤツに絡んだ方が勝てそうだから、そういうヤツに絡むだろ?


更に「集団的自衛権は戦争の準備だ」という人が居るんだね。

しかし、絡まれない準備が何故に「戦争の準備」なのか?

そんな筈は無い、

そりゃ、日本を侵略したい国から見たら「防衛の準備」はされたくないだろ?

それを「戦争の準備」と言いつのって、準備させないのが、侵略したい国の作戦だわな。

日本の近隣にミサイル撃ったり、船をぶつけて来たり、領海や領空を侵犯したり、ニヤミスしたり、日本の領土を自分の領土と主張したりする国があるでしょ?

更に、「防衛の準備なんかするから戦争が起きるんだ」というヤツがおる。
こりゃあ完全に論理が無い。

「お前が雨が降るかもと言って傘まで持って来るから、雨が降ったじゃ無いか」と言うたわ言と殆ど変わらない。
大体、雨が降りそうなら傘は準備した方が良いに決まってる。

そもそも、防衛や戦争は一国じゃできない。日本は侵略戦争はしないんだから、専守防衛なら、侵略された時にしか防衛の戦争にはならない。
前述の通り、もし、侵略される可能性があるなら同盟国との篤い信頼関係は必要だから、防衛の準備は必要だ。
いやそんな国は無い、侵略される可能性が無い、と言うなら戦争にならないんだから、「防衛の準備」をしても戦争にならないだろ?

どちらにしても、今の日本の情勢で、集団的自衛権は必要だよ。


実際にさっき出た近隣にいるミサイル撃ったり、船をぶつけて来たり、領海や領空を侵犯したり、ニヤミスしたり、日本の領土を自分の領土と主張したりする国が、集団的自衛権の行使に反対してるなら、一層、怪しんで集団的自衛権の行使はすると宣言した方が狙われにくいじゃないか。


集団的自衛権は必要だよ。 

日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。その現実が良くない場合、言った人が責任を問われるので、良い事ばかり言う方が良い。 運動会前に「明日は雨になりそうで傘は必要」と言う人が居て、雨が降ると「お前が言うから降った」と抗議され、「傘の心配までして雨を呼び寄せた」という信仰。 革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり、正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。 社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。 最近の風潮は堅苦しい正義を振りかざすような言論がまかり通っています。 物事の複合的な面を認められずに、悪い処を見つけたら人格否定、社会的抹殺をするやり方は革命的な思考、嗜好、志向だと思います。