#言霊と革命を超えて

日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。  革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。

われわれ日本国民は #言霊と革命を超えて 行かなければならない

「戦争の話をする事が戦争を呼ぶ」という誤った言霊信仰を日本人の多くが持っていると思います。それが日本文化のリスク管理の弱さに繋がっています。「縁起でもない事を言うな」「お前があんな事、言ったから」という文句に現れてます。


誤った「言霊信仰」文化を超えて行かなければなりませんね。

 

私は「言霊信仰」なんか無い!という方。遠足の前日に田中くんが「明日、雨降れば良い」と言って翌日に雨が降ると「田中があんな事を言うからだ!」と文句言ってる人が居ませんでしたか?雨は自然現象で何を言おうと降るときは降ると知っていても田中くんを責めてしまう人が居ましたね。

 

「言霊信仰」なんか無い!と言う方。銀行に拳銃で人質を取った立てこもり犯人が居て、3日が経つ。人質の体力も限界。警察は犯人の暴発を恐れる。もう突入して犯人逮捕が合理的だと誰もが思う。

記者が聞く「突入のリスクは?」

警察が「誰も怪我なくやり遂げます」と言えば収まるが 

「死傷者が出る可能性はあるが、これ以上、長引かせて犯人が暴発して、全員に銃を向けるより良いと判断せざるを得ない」と答えると炎上する。可能性に言及したから。

仮に突入時に犯人によって人質が一人でも怪我しようものなら警察の責任にされかねない。怪我をさせたのは犯人でも。悪いのは犯人。

 

ゼロリスクがあり得ない時に「リスクを語る」と批判される文化が誤った「言霊信仰」だ。

実際には「怪我が無いようにやりきる」と答えても「怪我が無いようにやるが、死傷者の可能性がある」と答えても、実際の突入作戦成否には無関係でも、答え方に拘るのが誤った「言霊信仰」だ。

 

「言葉を発するとその通りになる」が気持ち良い場面はなんだろうか?例えばお祝いの場だ。「末永くお幸せに」というお祈りだ。合理的に考えると祈っても呪っても結果に影響は無い筈だ。

現実には世の中リスクだらけで悪い予想もしなければならない。それをしたくないと「戦争の話をするな」となる

 

「悪い話をしたくない」国民の中で政治というリスク管理、利害調整役は悪者になる。

 

さて、日本の中で「悪い話をけしてしない」存在はどなたか?

「お祈り」「お祝い」「励まし」の専門家であられる皇室、天皇陛下である。

陛下だけは絶対に「悪い話をけしてしない」ので日本人の心の大きな支えだ。

 

そして全てのリスク管理、悪い予報、を政治や行政が引き受ける。従って、政治家は日本人のリスクを考えない誤った「言霊信仰」にもよって常に批判にさらされる。

北方領土は戦争しないで取り戻せると思いますか?」は単なる質問だ。答えは「思う」でも「思わない」でも良い筈だ。質問に罪は無い。

 

しかしマスコミと野党を中心に「戦争と言った」というモヤモヤを他の理由にしてでも、かなり批判した。

本当は「そう言う意見もある」とは分かっている。

まあ #野党とマスコミは敵国の手先 なので防衛が議論されない事が目的だから、かも知れない。

 

北朝鮮が日本にミサイルを撃ち込むかも知れない


そうしたらどうする?


そうさせないようにするにはどうする?」


 

北朝鮮は平和国家だ。

日本にミサイルを撃ち込む筈は無い。


従って、

ミサイル対策は何もしない。


友好をお祈りして

経済援助をする」


とでは、両方の可能性を考える必要がある、これが現実。

 

「ミサイル対策はしない」では実際にミサイルを撃ち込まれた時の被害は甚大だ。


そうならないように日米は圧力をかけている。


日本はミサイル迎撃システムを準備したし、Jアラートをも準備した。


政府を褒める声は無い。

政治家も人間だよ。

良い事は褒めろよ。

 

アメリカが日本を見捨てたらどうする?」

「チャイナが尖閣諸島を侵略したらどうする?」

中共が台湾を侵略したらどうする?」


予めの準備が必要だ。


誰が考えているのか?

政府や防衛省だろう。

 


誤った「言霊信仰」で悪者にされる政府と防衛省だ。

自分の仕事をしているだけなのに?

 

憲法9条」教の信者も「言霊信仰」の持ち主だ。


「戦争を放棄」したから戦争にならない、という信念は事実に反する。


事実、竹島自衛隊設立前に韓国に武力侵攻されてしまった。

憲法9条は何の役にも立たなかった。


事実、日本が戦争を放棄しても、戦争は向こうからやって来た。

 

われわれ日本国民は #言霊と革命を超えて 行かなければならない


何でも新しいものが良いとは限らない。

「革命」的なものが良いとは限らない。


しかし新しい工夫や挑戦は常に必要だ。


無闇に新しいから=良い、では無い。

しかし良いものを創り出す心が大切。

 

われわれ日本国民は #言霊と革命を超えて 行かなければならない


「言った事が必ず現実化する」という「迷信としての #言霊信仰 」は捨てなければならない。


「言ったことを必ず現実化させる」という行動で示すのは良い。


事実→悪い事を言ったら悪い事が起きるとは限らない。

 

われわれ日本国民は #言霊と革命を超えて 行かなければならない

 


現代日本の悪い癖が二つある。


①「悪い事を言うと悪い事が必ず起こる」という間違った #言霊信仰 


②新しい事は何でも良い事という間違った #革命信仰


両方とも単なる信仰に過ぎず、事実では無い

 

この現代日本の悪い癖の弱点を突いて、日本の弱体化を謀る反日勢力がある


#野党とマスコミは敵国の手先 であり敵国はあなたの想像にお任せしよう


間違った #革命信仰

構造改革しよう!

事業仕分けしよう!

文化大革命だ!


間違った #言霊信仰

「戦争」と言うな!

防衛を議論するな!

改憲するな!

 

もう少し誤った #言霊信仰 の話をすると日本人は現実はともかく「悪い予想などをする人は嫌い」「良い事を言う人は好き」という弱点を持つ。


良い方に現れるのは大のお祭り好きだ。お祝い事大好き。


安倍政権は、オリンピック誘致、改元天皇陛下御即位、新札改定など大きなお祝い事を作って来た

 

これらの発表などがあると支持率は上がる。勿論、株価も雇用も良いので支持率は良いのだが、改元で支持率が上がる、のは日本人以外には分かりにくい心情だろう。


お祝い事が好きなんだよ。

お祝い事の間は「悪い言葉」を忘れるんだよね。


本当は現実はあまり変わってなくても。

ただ経済効果はある。

 

われわれ日本国民は #言霊と革命を超えて 行かなければならない

 


間違った #言霊信仰 を捨てて

戦争の可能性を話さなければならない。改憲の話をしなければならない。

 


間違った #革命信仰 を捨てて

良いものを残し発展させて、新しくて良いものを創り出す必要がある。昔のものを全部捨ててはダメだ。

 

われわれ日本国民は #言霊と革命を超えて 行かなければならない

 


何のために戦争や防衛の話をするのか?戦争を防ぐ為だ。

言葉を避けるのでは現実は防げない。現実に戦争を防ぐ為には戦争を防衛を真っ正面から議論して話さなければならない。

逃げてもダメだ。

憲法9条を唱えてもダメだ。

 

 

われわれ日本国民は #言霊と革命を超えて 行かなければならない


日本国民が真剣に戦争を防ぐ為に防衛を議論できるようになれば、初めて戦争が起きる可能性を低くすることが出来るだろう。


非核平和都市宣言」なんて言葉を飾っても無駄だ。

平安京」と付けても無駄だった。

 

「中国は国際司法裁判所の強制管轄受諾宣言国ではない。

つまり中共国際司法裁判所の裁定自体を認めないという立場なのである。

因みに日本は宣言国だが韓国はそうではない。

竹島が国際裁定に付せられると困るからだろう。

ロシアもソ連時代から宣言国ではない。 …

わが国との間に領土紛争のある国々は、何れも国際裁判による解決を否認する武力至上主義の国ばかりである。 《中村粲 正論2007/7月号》」

 


つまり、話し合いも裁判も拒否して武力解決が韓国、中共、ロシアの基本方針だ。


「戦争でしか取り返せないとは思いませんか?」とは至極当然の疑問なのだ

 

 

われわれ日本国民は #言霊と革命を超えて 行かなければならない

 

 

 

 

 

丸山ほだか氏の発言にみんなが騒ぐ理由はこれだ⬇︎

二つの理由があると思います。

①日本人の持つ誤った「言霊信仰」つまり「防衛の話は戦争の話。戦争の話をすると戦争になる。縁起でもない。」という信仰。日本人は知らず知らずにこの言霊信仰を持っている。

② #野党とマスコミは敵国の手先 なので①を利用して「防衛の話をさせない」目的がある。

【韓国人が習わない正しい朝鮮半島の歴史】 紀元前108年~220年:漢(植民地) 221年~245年:魏(植民地) 続き⬇︎ #好きです韓国

【韓国人が習わない正しい朝鮮半島の歴史】

紀元前108年~220年:漢(植民地)

221年~245年:魏(植民地)

108年~313年:晋(植民地)

314年~676年:晋宋梁陳隋唐(属国)

690年~900年:渤海(属国)

1126年~1234年:金(属国)

1259年~1356年:モンゴル(属国)

1392年~1637年:明(属国)

1637年~1897年:清(属国)

1897年:日本の尽力で下関条約により清の属国から開放される

1903年:ロシア朝鮮半島を南下。日本がロシアを撃退しロシアによる属国化を回避

1905年~1945年:日本(保護国、併合)

1945年~1948年:アメリカ・ソ連(非独立)

1948年:大韓民国成立(アメリカ軍による南部朝鮮統治によって国家基盤が形成され成立)

1948年:朝鮮民主主義人民共和国成立(ソ連軍による北部朝鮮統治によって国家基盤が形成され成立)

1948年:南・軍事独裁政権誕生

1948年:南・済州島4.3事件 3万人虐殺

1950年:朝鮮戦争 400万人殺し合い

1950年:北・ソウル大附属病院事件 1000人虐殺

1950年:南・保導連盟事件 30万人虐殺

1951年:南・国民防衛軍事件 10万人虐殺

1951年:南・居昌事件 8500人虐殺

1952年:南・竹島不法占拠 日本人44人虐殺・4000人を不法拘留

1965年:南・ベトナム出兵 ベトナム人3万6000人虐殺・強姦被害者多数

1970年~:北・日本人拉致に着手

1979年:南・軍出身の大統領政権誕生

1980年:南・光州事件 600人虐殺

1993年:南・初の文民政権誕生(民主化) 1994年:北・IAEA脱退、核開発に着手

1997年:南・アジア通貨危機・国家財政崩壊

武力による北方領土奪還を「質問してもいけない」のは悪しき「言霊信仰」の為せる技であると思う。「戦争を議論したら戦争になる」という思想だ。

武力による北方領土奪還を「質問してもいけない」のは悪しき「言霊信仰」の為せる技であると思う。「戦争を議論したら戦争になる」という思想だ。

「質問したら除籍」とはなんだろう?

言論の自由はどこに?


憲法第二十一条「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。」

第二次世界大戦までなぜ欧米がアジアに居たのかを問うべきでしょう。

大韓民国=韓国」「朝鮮民主主義人民共和国北朝鮮」「中国=中華人民共和国」という国は第二次世界大戦の後に出来ました。

戦前戦中の朝鮮半島日韓併合により日本の一部でした。

朝鮮半島の人々は日本国民として米英オランダなどとその植民地と戦いました。

なぜ欧米がアジアに居たのかを問うべきでしょう。

「団塊の世代」あたりのサヨクに下の世代がイラつく理由は「体制」に反抗してれば良いとする「#団塊の世代」あたりのサヨクのスタンスを「甘え」だと感じるからだ。

団塊の世代」は定義によれば

第二次世界大戦直後の1947年(昭和22年)~1949年(昭和24年)に生まれた世代だ。

 

その方々にも是非、読んでみて欲しい。

 

令和元年(2019年)にはおよそ70歳から73歳になっているだろう。

彼らの多くは「体制」に従うのに反発を感じた世代だと言う。或いは「体制に反発するのが当然」「体制に反発しないとカッコ悪い」という人もいるだろう。

 

しかし、その下の我々以降の世代はバブルの反省もあり「ちゃんとしてるかどうか見極めよう」という姿勢があるように思う。更に若い世代は自分で仕事を創ってそれを通じた社会貢献や自己実現をしよう、と自然に動く頼もしい起業家精神に溢れる人も多い。

 

「体制に反発しないとカッコ悪い」というのはある種の「甘え」だ。やがて「体制に反発してれは良い。世の中が良くならないのは体制のせいだ。」となってしまう危険性が高い。

 

民主主義国である日本において「いまの世の中はダメだ。あの政治家はダメだ。あの政権、政策はダメだ。」と言うなら【代替案】を提示しなければならない。文句だけ言うのは主権者である国民の義務を果たしていない。もしも自分で主体的に動けないなら選挙の投票行為で示すか、議員に立候補するしかない。今の時代は自らSNS等で発信する事も出来る。

そこに求められるのは具体的な【代替案】である。

 

「身を切る改革」?

例えば、国会議員全員の給与をゼロにしても、国の財政への影響は軽微であり、国民はちっとも豊かにならない。むしろ国会議員には日本のGDPを何十兆円、何百兆円も増やす政策を立案し、実行して欲しい。

 

「コンクリートから人へ」?

自然災害の多くインフラ老朽化している日本では事故の可能性を高めるだけで何も良いことはない。むしろ国会議員にはインフラ強化、国土強靭化の為の公共投資を行い景気を刺激するとともに国民の安全をはかり、財産、命を守って欲しい。

 

「体制」などと言う抽象的なモノに反発し、「打倒アベ政治!」とか言ってないで、具体的な【代替案】を提示すれば、心ある有権者聞く耳を持つのだ。「ダメだ」とだけいう「甘え」から脱却し具体的な【代替案】を提示した時にスタートラインに立てるのだ。

 

これが分からない、或いは分かりたくなく、或いは、政治を機能させない事を目標にしている野党が多すぎる。邪魔をするのが目的ならば優秀な部類かも知れない。

 

僕は一部の #野党とマスコミは敵国の手先 だと思っているので日本国民に政治不信を植え付ける為の活動をしていると考えれば野党はその目的をそこそこ達成している。

 

民主主義国家である日本国民が政治に興味を持ち具体的な安全保障政策や経済政策に具体的な意見を持ち、国会議員を支えるようになれば一番困るのは日本をライバルや仮想敵国とするような国々であろう。

 

その【狙い】があると仮定すると「団塊の世代」の「甘え」はその戦略目標の達成を手助けしていることになり、そこに気づいた下の世代は苛立ちを覚えているのだ。

 

70年安保運動が収まり1975年に大ヒットした歌に「『いちご白書』をもう一度」がある。歌詞には「就職が決まって髪を切ってきた時、もう若くないさ、と君に言い訳したね」とある。

作詞作曲の荒井由実が意図したかどうかこれは当時、25歳から28歳ぐらいになる「団塊の世代」の「甘え」への鎮魂歌であったのではないか?そして大ヒットしたこの曲を聴いた普通の団塊の世代の方々は普通の社会への貢献を始めていた筈なのだ。

 

何十年も経って暇になったのかも知れないが【代替案】を持たない「甘え」はやめていただき、本当に現実的に何が重要な事なのか、来たる未来の世代のために行動して欲しい。

 

注)「団塊の世代」も「体制」と同じように抽象的なモノであり、その定義も範囲も難しいし、その時代に生まれた方々がみんなここに書いたような方々ではない事は承知しています。そして個人的には世代論という抽象的なモノで解決しないと思うし、日本国民を分断するような世代論は好きではありません。しかしながら、テレビ新聞世代であろう「団塊の世代」以上とそれより下の世代にはインターネットメディアへの慣れなどについては隔たりがあると感じてはいます。

なので、お互いの常識やモノの見方が違うという事は一回、書いておきたかったのです。

長文乱文、失礼いたしました。

ここまで読んでいただいた方々には御礼申し上げます。

ありがとうございます♬

 

 

令和4年は蓮舫落選 #R4落選 #R4辞任 #R4二重国籍 #拡散希望

蓮舫は令和4年に参議院改選だ。絶対に二重国籍事業仕分けの責任を取らせるべきだ。 #R4落選 #R4辞任 #R4二重国籍 だ!「令和4年はR4、蓮舫にお任せください!」とか言わせない! #拡散希望 


日本は「言霊」と「革命」に支配されている。それを超える情けある言論を。 言霊に縛られた考え方と革命的な思想を使わず、情けのある言葉を発して行きます。 言霊:言った言葉は現実となる。その現実が良くない場合、言った人が責任を問われるので、良い事ばかり言う方が良い。 運動会前に「明日は雨になりそうで傘は必要」と言う人が居て、雨が降ると「お前が言うから降った」と抗議され、「傘の心配までして雨を呼び寄せた」という信仰。 革命的な思想:現在の社会は間違ったものであり、正しい考え方の人間で社会運営してゆくべきという思想。 社会も永遠に近い時を経ている訳で全とっかえしたら大変な事です。 中国等に現出したこの世の地獄のような国家は酷いものです。 最近の風潮は堅苦しい正義を振りかざすような言論がまかり通っています。 物事の複合的な面を認められずに、悪い処を見つけたら人格否定、社会的抹殺をするやり方は革命的な思考、嗜好、志向だと思います。